頭金は多いほうがリスクを減らせる

マンション購入のための住宅ローンでは、属性が良い人なら頭金がゼロでも審査に通ることがあります。しかし、審査に通ることがゴールなのではなく、ローンを完済することがゴールなので、頭金はなるべく多く用意したほうがよいです。利息の負担が大きくなりすぎるということが1つのリスクです。例えば、3,000万円のマンションを購入するために利息も含めて5,000万円を払うことになったら、後悔をしてしまう人もいるでしょう。利息には納得ができていても、ローンの返済が困難になったり、なんとか返済はしていけるが毎月の生活が苦しくなったりといったリスクもあります。また、途中で売却をしようとしたらオーバーローンとなってしまっていて売れないというトラブルもあります。頭金を多く入れるほどこういったリスクを減らすことができます。

頭金は少ないほうがよいという考え方もある

住宅ローンの金利はとても低いので、頭金は少ないほうがよいという考え方もあります。例えば、手持ちの資産が2,000万円ある人なら、3,000万円のマンションを購入するときに頭金にすべて使ってしまわず、別の使い方をすることを検討してみましょう。3,000万円のマンションを購入するときに頭金は1割の300万円にしておき、残ったお金は投資や資産運用をして増やすといった具合です。冠婚葬祭などのイベントが不意に起きることもあるので、200万円くらいはいつでも使える状態にしておくことがおすすめです。投資や資産運用をすることにはリスクもあります。リスクをかけずに安全に節約をしたいという人は、頭金をたくさん入れたり、繰上げ返済を積極的にするべきでしょう。

福岡市の新築マンションにはタワーマンション、低層マンションなど様々な新築マンションがあり、最寄り駅から近い場所やペット可、賃貸など様々な条件にあったマンションを見つける事ができます。