店舗デザインで必要になる動線の考慮

店舗デザインを行うときに重要なのが動線の設計です。内装を整えるときにはそこで行動する人が売上を向上させるために最も適した動きをするように設計する必要があります。業種によってその動線の考え方が異なるため、個々に最適化を行わなければなりません。スーパーを設計するときには二つの動線をオクリョする必要があります。

スーパーで重要な二つの動線

スーパーの店舗内で動く人は二つに分けることができるため、それぞれの動線を考慮する必要があります。顧客は商品を購入する人として動線を考慮しなければならない筆頭に上がるものです。基本的にスーパーでは顧客の店内での滞在時間を長くするほど購入金額が増える傾向があります。入り口から会計を行うレジに至るまでの動線をできるだけ長くするようにデザインし、可能な限り多くの商品を目にしてもらえるようにすることが肝心です。これと合わせて考える必要になるのが従業員の動線であり、基本的には顧客の動線と交錯する部分を最小にする必要があります。倉庫から品出しをし、控室から持ち場に移動するという過程で顧客の動きを束縛しないようにしつつ、無駄な動きをせずに業務を行えるようにするのが肝心です。特に品出しの際には大きな荷物を運んで顧客の目障りとなってしまうリスクがあります。倉庫から顧客のメインの動線をできるだけ通らないように各商品の陳列棚に運べるように設計しておくと、顧客も従業員も最小限のストレスで店内を歩けるようになるでしょう。

内装工事はリフォームとも呼ばれ、生活の質向上のために工務店や建築会社に依頼して実施してもらうことが多くなっています。