店舗デザインの基本は機能性の獲得

店舗経営を始めるときにどのようなデザインにするかで悩むと、事業の効率化を図るために機能性の獲得を目指す傾向があります。業務効率を向上させる目的で店舗の移転や改修を行うこともしばしばあり、効率を重視した機能をもたらすデザインを考えることが流行しているのが現状です。そのためのノウハウも広まり、動線を考えた設計やスペースの無駄の少ないレイアウトを導入したり、顧客層に合わせて魅力のある外観を整えたりすることがよく行われています。基本的には機能性の獲得を獲得するというアプローチで店舗デザインをしておけば無難に経営していくことができますが、ケースによっては機能性よりも優先すべきものがあることも珍しくありません。

機能性よりも優先すべきものがあるケース

機能性を最優先して作られている店舗として典型的なのがコンビニです。最小限のスペースに陳列棚と幅の狭い通路を用意し、倉庫を売り場に密着させた設計になっているのは誰もが動線を最小限にすることができる設計となっています。この設計が商品販売をする上で機能性の高いデザインと考えることはできますが、同じ商品販売でも大型家具の販売でこれを行うと販促効果が低下してしまいかねません。大きな買い物をすることになる大型家具の販売店では一つの買い物をするのにゆっくりと考えられる落ち着いたスペースがあることが望まれます。購入や陳列の効率を考えて機能性を高め、窮屈な店舗になってしまうと購買意欲を低下させてしまうリスクがあり、余裕を持った設計が必要となるのです。

内装デザインを行うことで、気持ちよく利用できる環境が整います。気に入ったデザインに仕上がるからです。