家賃が高すぎると断られやすい

賃貸の審査では、収入に対して家賃が高すぎると断られやすいです。アルバイトで月収が15万円しかないのに家賃が10万円の部屋に申し込みをする場合などです。例外的に、学生の場合で親からの仕送りで家賃を支払うという場合には審査に通る可能性も高いです。学生歓迎の物件は比較的多いので、学生の人は有利になりやすいです。また、収入が低くても貯金がたくさんある人なら2年分の家賃を一括前払いするという条件で契約を結べることもあります。

服装なども見られているって本当?

服装なども見られているという意見がありますが、賃貸探しのときにスーツを着て不動産会社へ行く必要まではありません。しかし、刺青があったり、ピアスをつけていたりすると悪い印象を持たれることもあります。暴力団の人は断られる可能性が高いですが、タトゥーが入っているということは基本的には個人の楽しみです。しかし、不動産会社の営業マンはトラブルになる可能性がある人は避けたいと考えているので、タトゥーが入っているだけでも審査に影響することはあるようです。清潔な服装をして、礼儀作法をしっかりとしていればそれほど気にする必要はないと思われますが、大家さんが厳しい物件では不動産会社の営業マンの目も厳しくなる傾向です。

営業マンの判断がカギ?

不動産会社は大家さんとの関係を重視するので、トラブルになりそうな人は避けたいと考えます。不動産会社に入った時点で審査は始まっていると考えて、「部屋を借りてやる」といった横柄な態度はとらないようにしておきましょう。基本的なマナーが守れており、家賃を支払えるだけの収入・貯金があるなら、借りられる部屋がないということは基本的には起きないはずです。

札幌市中央区の賃貸では、リーズナブルな物件に加えて高級物件も多数存在しており、設備内容やデザイン性などに満足しながら暮らせます。