建てる場所に迷う人が多い別荘地

別荘地とは、夫婦・家族間でも意見が分かれてどこを選んだらいいのか迷うケースがとても多いと言われます。具体的には管理の大変さを考えると近くのほうがいいという意見の一方で、近くに別荘を建てるなんて意味がないという意見なども出たりして、なかなか決まらないケースがよくあります。

近いけど非日常体験が出来る場所を探す

そんな中、一番おすすめなのは「近さと非日常性」両方を兼ね備えた場所を地図や地形などをよく分析して探し出すという形です。具体的には、例えば東京に住んでいる人であれば、群馬から新潟にかけての山脈を超えると日本海型の気候になる越後湯沢地域は、車でも新幹線でもすぐ着くのに、着いた先には普段の気候とはまったく違う世界が広がっています。そして、東京には冬の積雪はほとんどないものの、近場ながら雪国生活を毎年楽しめます。その他、夏に東京の暑さとは無縁の生活に憧れる場合は、標高1000m前後ある富士河口湖地域に多数ある別荘地に建てると車や電車ですぐ行けて、普段遠くにある富士山を間近で見ながら生活するという貴重な体験ができます。このように全国どこに住んでいても、よく探すと「近さと非日常性」を兼ね備えた場所がある可能性は高いので、地図をみたり地形・気候を分析することは重要です。

近場なら管理も大変ではなく、交通費も安く済む

遠くに別荘を建ててしまうと、管理が大変です。そして、頻繁に行き来するとなると遠距離の別荘地を選んでしまった場合は毎回相当な交通費がかかって維持コストがかさみますが、近場であれば、交通費のカットにより維持コストを削減することが可能です。そして、近いので行きたい時に気軽に行くことが出来ますし、短い間だけ別荘で過ごす際も移動時間が短いので長く現地に滞在していられます。

田舎暮らしをしたい方にオススメなのが北杜市 不動産です。なんといっても自然豊かで家が広いし、低価格です。