美容室の店舗デザインをするなら

これから美容室のデザインをしようと計画しているのであれば、キーワードは「光」でしょう。

もちろん待っている間も含めて、長い時間を過ごすことになるわけですから、居心地が良いに越したことはありません。ただ、美容室のメインは髪の毛のカットであり、オーナーにとってはその仕上がりが大切になってきます。

気をつけておきたいのは、店舗で見た時と外に出た時では雰囲気が違って見えないようにするということです。そのため、店舗デザインをする際には、照明の位置には細心の注意をしておきたいものです。

実際に誰かに座ってもらい、どのように見えるのかを確認しながら決めると良いでしょう。

他にも、通りからカットしているところが丸見えにならないかもチェックが必要です。

飲食店の店舗デザインをするなら

店内の雰囲気で売り上げが左右されるといっても差し支えがないほど重要です。ただし、一からデザインできるのは稀で、特に居抜き物件の場合だと、すでに水道やガスの位置が決まっています。すると厨房の位置などは動かせないことがほとんどです。

そこで、店舗デザインするならお客さんが過ごす場所に力を入れておくと良いです。

例えば少しでも多くの人を入れたいのであれば、通路を少し狭くするのも良い方法です。加えて、椅子は作り付けにしてしまい、動かせないようにしておけば、無駄なスペースができるのを防ぎやすくなります。

そして忘れてはいけないのが、飲食店の場合は保健所への申請が必要だという点です。工事のやり直しにならないためにも、専門家の意見も積極的に取り入れておきましょう。

集客率が高い店舗デザインを目指しているなら、専門の建築デザイナーに相談しましょう。業者を選ぶ場合には、建築デザイナーが所属していることを確認すべきです。